• G+
Vol19.

Vol19.iPhoneの本命モデルかもしれない「iPhone SE」


iPhoneの販売台数が早くも10億台に近づいたようです。初代モデルが発売されたのが2007年のことで、1年に1億台以上販売されていることになりますから、驚異的なペースです。今年の秋には新モデルの7が発売される予想で、さらに2017年には無線充電機能や新しい有機ELディスプレイ、両面カーブのデザインなど、大きく進化したモデルの発売が予想されていることから、10億台の販売台数達成は間違いないですね。そんなiPhoneの新モデルとして今年の3月に登場したのが、5s以来2年ぶりに4インチ画面を採用したSEです。iPhoneは、他社のスマートフォンが大きくなっていく中で使い易さや持ち運び易さを重視して、5sまでずっと3.5~4インチの画面サイズにこだわってきました。その5sの後継となるモデルですから、最新プロッセサのA9や5sの2倍となる2GBのRAMなど、6sと同等となる様々な最新機能を搭載しました。この画面サイズで6sと同等の機能を搭載したSEこそ本命モデルかもしれませんね。これだけの機能を搭載してSIMフリーモデルで5万円台の価格を実現し、4月にはさらに値下げされて4万円台の価格を実現しましたから、これから6sシリーズ以上に人気が高まるかもしれません。SIMフリーモデルだと様々な格安SIMも使えますから中古品の価格は高値になりそうで、買い取り価格も高くなりそうです。当店の買い取りサービスでも5sを買い取りに出してSEに買い換える方が増えております。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧